高速学習

大学入試の東進衛星予備校
映像授業を駆使した革新的な勉強法
1991年の衛星授業スタート以来、18年間にわたる映像授業のノウハウを結集した授業です。
Headline-01 生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせられる
東進はすべての授業を映像化しています。その数およそ1万種類。こうした授業を個別に受講することができるので、生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせた学習を進めることができます。また、この映像授業を駆使すれば、わからない箇所を何度も聞き直したり、一時停止をして板書を写すなど、今までにない効果的な学習法を実現することができます。
Headline-02 毎日授業を受けられるので理解も進み、定着度も高い
従来の予備校は、毎週1回の授業で、第2講は第1講の1週間後、第3講は2週間後…と続きます。東進の高速学習なら、これを毎日受講することが可能。今日は第1講、明日は第2講…と続き、1年分の授業が最短2週間から3カ月程度で修了することができます。

Headline-03 自分の理解度に合わせて90分を有効に使える!
東進の授業は、音声が音飛びしない状態で1.5倍のスピード再生をすることができます。90分の授業を1.5倍速で受講すれば60分で講義が終了。残りの30分は、わからない箇所を何度も聞き直したり、その日の問題演習に使うなど思いのままです。
※VODによる受講の場合、1.4倍速になります。
Headline-04 高速学習を活用すれば、こんなことができる!
t-POD受講システム
「東進が開いていない早朝に勉強したい」「自宅で自習中に疑問点が出てきた。もう一度、授業で確認したい」といったときに、君の自宅のパソコンで東進の授業を受けられます。
もちろん、「確認テスト」や「講座修了判定テスト」も通常受講と同じです。校舎受講と自宅受講を上手に組み合わせることで、君にとってより最適な合格カリキュラムが可能となります。
t-PODとは?

「toshin-Preparatory school On Demand」の略で「要求に従って見たいときにいつでも映像を見られる」ことをいいます。t-POD受講システムとは、インターネットを介して「受けたいときにいつでも東進の授業を自宅で簡単に受けられる」、新しい学習システムです。
Headline-05 Q&A

校舎スタッフが直接、教科の質問をお受けしています。
ちなみに、当校では、少人数クラス数指導や個別指導部門も併設しており、直接の指導を受けたい要望に対応しています。
また、授業中は理解したと思っていたのに、家に帰って復習してみたらよくわからない。こんなときなどに、バックアップサービスがあります。バックアップサービスは、東進の授業・テキストについて、電話やハガキで質問することができるサービス。君の質問・疑問に対して東大・早慶等出身の総勢70名のスタッフが、わかりやすく丁寧に回答してくれます。気軽に活用して疑問を解消し、学力アップに結びつけてください。
Get Adobe Flash player